日本蜜蜂(ニホンミツバチ)飼育群
年間の管理と蜂達の様子

福島の桃・あんぽ柿(干し柿)産直販売=大武農園



日本蜜蜂(ニホンミツバチ)の一年〜蜂群の管理〜
あくまで、ここに紹介するのは福島基準ですので、地域によって多少の違いがあります。
5月
(分蜂期)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)捕獲用巣箱の設置
金稜辺に群がる日本蜜蜂(ニホンミツバチ)分蜂群

暖かい地方では3月や4月から分蜂が始まるようですが、ここ福島では、分蜂は5月に入ってから。
もっとも、最近では分蜂時期も早まって、福島でも4月下旬頃から始まるようです。

飼育箱をあちこちに設置して、分蜂群の捕獲をします。
金稜辺が大いに活躍してくれます。

日本蜜蜂を飼育する者にとっては、一番忙しく、また楽しい時期かもしれません。

6月
(入梅期)
捕獲1ヵ月後の日本蜜蜂(ニホンミツバチ)巣箱内部

分蜂群の捕獲後1ヶ月もすると、写真のように盛んに巣作りが行われます。6月、福島では、柿や栗などの花が咲きますので、蜂達も晴れた日は盛んに出入りしています。中旬頃には梅雨に入りますので、雨の日はさすがに出入りが少なくなります。
蜂達は、いつも巣板をとり囲むように蜂球といわれる塊を作っています。

スムシと呼ばれる害虫の被害軽減のために、巣箱の底に溜まった巣屑を定期的に掃除します。私の場合、スムシの根絶をねらって底板をバーナーで軽く焙っています。底板の掃除は越冬前まで、毎月1回程度は必要と思われます。強群の場合は、年2−3回の掃除でも大丈夫です。

7月
(梅雨〜梅雨明け期)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)扇風行動
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)夕涼み

暑い日は、蜂達は巣門付近で扇風を行なって、巣内の温度を下げます。
セイヨウミツバチは、頭を巣に向けて、巣内の空気を排出するような風を起しますが、ニホンミツバチでは、お尻を巣に向けて、外の空気を巣内に送り込むような風を起します。

また、夕方にはゾロゾロと巣門の周りに出てきて「夕涼み」をします。

8月
(スズメバチに要注意)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)巣箱とキイロスズメバチ

お盆を過ぎる頃からは、スズメバチに対する注意が必要です。
写真はキイロスズメバチが巣箱前でホバリングをして、蜜蜂を捕獲しようとしているところです。防御しやすいように巣門を狭くしてあります。
特にオオスズメバチには厳重な警戒が必要です。

巣門前に金網を設置したり、巣門を金属で補強するなどの対策をします。金網は、オオスズメバチの体が入らない7mm目合い程度の物が良いようです。

9月
(スズメバチに要注意)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)の時騒ぎ

夏場、蜂達は、天気の良い日の昼ごろから2時頃の時間帯に、「時騒ぎ」と呼ばれる行動をします。

若い蜂が巣の位置を確認するために巣箱の周りを盛んに飛び回ります。時間にすると15分から20分くらいの間、8の字を描くようにブンブン飛び回ると、何事も無かったようにおとなしくなります。

「時騒ぎ」の最中、巣箱の中では、蜂達は蜂球から「ツララ」のようにぶら下がって巣箱の底に下りて来ているようです。

10月
(貯蜜量・スズメバチに
要注意)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)捕獲群への給餌

貯蜜量に注意して、少ない群には砂糖水を与えます。給餌は必ず夕方暗くなってから行なわなくてはなりません。昼間に給餌をすると、他所の群から来た蜂と喧嘩になってしまう(盗蜜)からです。特にセイヨウミツバチの盗蜜は被害甚大で、とことんまで貯蜜を奪い去られてしまうそうです。
この時期の給餌には、水4に対して砂糖6の割合の濃い砂糖水を使います。また、量も多めに1回500ccから1リットル程度を2−3日続けて与えると良いそうです。

11月
(越冬準備)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)の巣箱の保温対策

巣箱をコモで包むなどの保温対策を施します。巣箱の底に溜まった巣屑はきれいに掃除をします。

12月
(越冬期)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)越冬風景

日中の最高気温が10℃に達しない日は、蜂の出入りもなくひっそりとしています。

蜂達は、巣内で蜂球という塊になって、体を震わせてその摩擦熱で体温を保っています。

1月
(越冬期)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)真冬の時騒ぎ
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)の脱糞

真冬でも、気温が急に上昇すると、蜂達も巣の外に出てきます。
写真は2009年1月23日の時騒ぎです。
10-20メートル位飛び回って、糞で洗濯物などが汚されることもありますので、注意が必要です。

冬に咲く山茶花などへの訪花も見られます。

外に出た蜂が皆無事に帰ってくれば良いのですが、うまく巣内に入れず、寒さのために巣箱の外でピクピク気絶している蜂も見かけます。気の毒なので、手のひらで暖めて巣門付近に戻してやると、巣内にノソノソと入っていきますが、はたして無事蜂球まで辿り着けているのかどうか・・・。

2月
(越冬期〜産卵開始)
日本蜜蜂(ニホンミツバチ)の花粉運び

2月末頃、梅の花がほころび始め、気温が10度程度まで上昇すると、盛んに花粉や蜜を集め、巣内では女王蜂の産卵が始まるようです。
福島では、梅の開花が3月下旬頃になる年もあるようなので、状況に応じた対応が必要だと思います。
暖冬気味の2009年は、2月14日、気温が15度くらいまで上昇し、盛んに花粉を運び込んでいました。この時点で、まだ、梅は開花していません。

3月
(産卵〜育児)

日本蜜蜂は、越冬中に巣を齧って下に落とします。それが巣箱の底に山のように溜まる(巣屑)ので、きれいに掃除します。
また、産卵・育児を促すために、水1対砂糖1の割合の砂糖水を少しずつ与えると良いそうです。

梅の花も満開になり盛んに訪花します。

4月
(流蜜・増勢期)

福島では、桜・桃・菜の花などが咲いて春爛漫・・・蜂も絶好調で蜜を集めます。巣内では、盛んに女王蜂による産卵が行なわれ、次から次へと新しい働き蜂が生まれます。

桜(ソメイヨシノ)が散り、山桜が咲く頃になると、雄蜂が生まれます。こうなると分蜂も間近です。
写真右下の黒っぽい蜂が雄蜂で、左下には雄蜂巣房の蓋が落ちています。


日本蜜蜂の飼育とポリネーショントップページへ

大武農園トップへ